10歳ユーチューバーゆたぼんの「不登校は不幸じゃない」発言に批判殺到








10歳ユーチューバーゆたぼんの「不登校は不幸じゃない」発言に批判殺到

まとめ
✔ユーチューバーゆたぼんが「不登校は不幸じゃない」発言
✔この発言に対して批判の声が殺到
✔13歳未満のYouTubeへの動画投稿は規律違反の可能性

ゆたぼん「不登校は不幸じゃない」

少年革命家ゆたぼんとしてYouTube活動をしている10歳の少年 中村逞珂(ゆたか)さんは、自由を求めて学校に通わない選択をしています。ゆたぼんはユーチューバーとして日々楽しい動画を投稿しつつ、「不登校は不幸じゃない」という強いメッセージを発信している。

ゆたぼんは小学3年生の時、宿題を拒否したところ放課後や休み時間にやらされ、不満を抱きました。言われたことをただこなすロボットになりたくないという思いから、学校に通わないことを決意しました。現在も「行きたい時に行く」というスタンスを維持しているそうです。

これに対して世間からは、

自分の好きなように生きればいいよね

彼は周囲に流されずに自分で考えて行動する子供だ!

親が容認しているなら良いと思う

全く同意見!負けずに頑張ってください

という賛成の声が上がる一方で、

親はちゃんと教育を受けさせる義務を果たした方が良い

父親によるマインドコントロールではないのか

宿題を拒否して不登校になったのと、いじめとかを受けて不登校になったのを同列に語って欲しくない

親の言うことを信じてこんなことをやっている君もロボットに見える

冒険するにも準備は大事。学校に行こう

という否定的な声が多く挙がっている。

また、「13歳未満のYouTube投稿は規約違反ではないか」と言う意見が挙がり、この件がネットで大きな話題を生んでいる。YouTubeに子供を出演させている動画は多々存在しており、親のアカウントからの投稿であれば規約違反にならない。しかし今回はゆたぼんの発言や親の行動に対して非常に多くの否定的意見が出ており、今後の動きが気になります。

若者の不登校の原因

今回のゆたぼんの不登校の理由は「宿題をしたくない」「言われたことをこなすだけのロボットになりたくない」といったものでした。この理由に対する世間からは否定的な意見が多く挙がっていましたが、ストレスを感じる原因は人それぞれであり、考え方も人それぞれです。そのため私自身もゆたぼんの行動に対して否定をするつもりはありません。しかし、この発言が学校に行きたくても行けない人達に対して不適切であることも事実です。10歳という若さでは冷静な判断力が欠けてしまう部分もあるため、親の教育や判断が重要となってきます。

さて、話はが少し話が逸れてしまいましたが「若者の不登校の原因」についてお話します。

文部科学省による調査によると不登校児童数は年々増加傾向にあるそうです。

不登校の原因としては、

「人間関係」
「遊びや非行」
「いじめ」
「学業の不振」
「無気力」
「家庭内の問題」
「日常生活への不安」
「病気」
「意図的な要因」
「入学・進学時の不適応」

などが挙げられている。特に家庭内暴力やいじめに関してはテレビなどで頻繁に取り上げられるほど社会問題となっている。児童の学校生活は他者と関わり、人格形成をする重要な要素です。教育委員会、家族、そして何より社会全体としてこの問題に向き合う必要があります。

参照元
(1)平成28年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」結果(速報値)について
(2)不登校の主な8つの原因とその対応方法