吉本興業の芸人たちによる「闇営業」








吉本興業の芸人たちによる「闇営業」

闇営業とは

闇営業とは、事務所に所属している芸人が事務所を通さずに行う営業のことです。「取っ払い」とも呼ぶらしいです。

「闇」と言うと「反社会勢力」というイメージを持たれるかもしれませんが、闇営業は事務所を通さない営業のことなので、友人の結婚式に個人的に参加しお金をもらうのも闇営業になります。

事務所に所属している芸人は、報酬を事務所と芸人で分配することになります。闇営業は事務所を通さない分、芸人に入る報酬が多くなります。また、事務所の意向を気にする必要がないため自由な営業が可能となります。

しかし、もちろん事務所との契約違反の営業であるため、最悪の場合、事務所との契約解除となってしまいます。




芸人の闇営業

吉本芸人11人が詐欺グループとの闇営業で謹慎処分

・雨上がり決死隊 宮迫博之
・ロンドンブーツ1号2号 田村亮
・レイザーラモンHG
・ガリットチュウ 福島善成
・くまだまさし
・ムーディ勝山
・天津・木村卓寛 他

の計11人が詐欺グループの忘年会や誕生会に参加したことが明らかになった。吉本興業は彼らを謹慎処分を言い渡した。また、仲介役となったカラテカ入江慎也に対しては契約解除の厳しい処分を言い渡した。

当初、「詐欺グループであることは知らなかった」「ギャラを受け取っていない」と語っていたが、後にギャラを受け取っていたことが発覚した。

楽しんごが闇営業で解雇

「ラブ注入」が流行語大賞にも選ばれたお笑い芸人 楽しんごもかつて闇営業が原因で吉本興業を解雇された。

事務所を通さない闇営業がキャンセルになった際にキャンセル料を請求し、営業先が吉本興業に相談したことで闇営業が発覚したという。現在はYouTuberやマッサージ店の経営などで活躍している。

水曜日のダウンタウン内でも闇営業について発覚

闇営業をしないと食べていけない現状

闇営業をしている芸人のほとんどが吉本興業に所属している。

吉本興業は営業報酬のほとんどを事務所が持っていってしまうことで有名です。本業では食べていけずにアルバイトを掛け持ちしているエピソードも後を絶ちません。そんな芸人たちにとって闇営業は貴重な収入源だったのかもしれません。