現金社会からキャッシュレス社会へ








現金社会からキャッシュレス社会へ

まとめ
✔支払い方法は多種に渡る
✔日本はキャッシュレス化が遅れており、現金支払いが主流
✔海外ではクレジット支払いが主流
✔政府はキャッシュレス化を推進中
✔日本人向けの様々な支払い方法が提案されている

支払い方法の種類

  • 現金
    現在の日本では最も一般的な支払い方法です。
    説明は不要だと思いますが、買い物をしたその場で金銭が移動します。
    支払いに安心して扱える支払い方法である一方で、常に財布の中身を気にしなくてはいけないというデメリットもあります。
  • プリペイドカード
    プリペイドとは、SuicaやPASMOのように事前にお金をチャージして、チャージ額を利用する支払い方法です。
    事前のチャージが手間ですが、一度チャージしてしまえばレジでお財布を開ける必要がないので便利です。
    SuicaやPASMOのような交通系ICが普及しているため、現金支払い同様に多くの人が使っている支払い方法です。
  • クレジットカード
    クレジットカードで会計をすると、その場ではお金の移動がありません。その翌月(あるいは翌々月)に1か月分の利用額を銀行口座から引き落とすという支払い方法です。
    クレジット支払いは日本人の多くが「使い過ぎが心配」という理由で敬遠しがちです。
    数ある支払い方法の中でもポイントサービスが最も充実しており、節約に適した支払い方法です。近年はクレジットカードと連携して、常に利用金額を確認できるサービスがあるため、利用金額が管理しやすい支払い方法と言えます。
    現金支払いが主流の日本に対して、海外ではクレジット支払いが主流です。
  • デビットカード
    「現金支払いは面倒くさいけどクレジットカードは怖い」という人向けの支払い方法です。
    デビットカードで支払いをすると、銀行口座から代金分が支払われます。
    お財布から現金を出すか、銀行口座から現金を出すかの違いであるため日本人にとってはクレジットカードよりも合っているかもしれません。

最近話題のスマホ決済サービスとは

現金やクレジットカードを用いずスマートフォンを使用してお支払いされる決済手段をスマホ決済と呼びます。現金やクレジットカードがなくても決済できるという利便性からお客さまのニーズも高まっていることに加え、政府が推進している「キャッシュレス化」も追い風となり、導入をご検討される事業者さまが多くなっています。

スマホ決済のメリット
・アプリ1つで完結
・決済が早い
・決済金額に応じてポイント還元
スマホ決済のデメリット
・スマホの充電に注意

スマホ決済が普及している理由には、上記のように利用者へのメリットもありますが、導入店にもメリットがあることが大きいです。

従来のクレジットカード決済をするためには、クレジットカードの情報を読み取るCAT端末が必要です。購入する場合は高いものだと10万円程度の初期費用が発生します。一方QRコード決済は専用端末を購入しても4万円程度で済ませられます。またスマホなどのタブレット端末を決済に用いることができます。クレジットカード決済に比べると初期費用が抑えられ、小規模店舗にも導入しやすいと考えられます。

参照元