青山学院大学の新型コロナ対策が大胆だと話題に

社会の雑学
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

青山学院大学の新型コロナ対策が大胆だと話題に

日本国内だけではなく世界的に拡大している新型コロナウイルス。

そんな中、青山学院大学が大胆なコロナ対策を実施しました。

なんと、5月1日以降の講義を全てオンライン形式にするというのです。

大胆であると同時に、すぐにこの体制を取れる青山学院大学のシステムがすごいですね。

2020年4月入学予定の新入生および在学生、保証人 各位
関係者 各位

2020年度前期授業開始日再変更のお知らせ(※)

青山学院大学は、先般お知らせしましたとおり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を防止するため、2020年度前期授業開始日を2020年4月21日に繰り下げることとしておりましたが、直近の首都圏を中心としたさらなる感染拡大の状況を受け、学生の皆様の健康と安全を確保することを目的として、これをさらに5月1日に繰り下げることとしました。
授業終了日は8月13日とし、授業回数は、祝日も授業・試験等を行うことで15回を確保します。
(※)ただし専門職大学院を除きます。新入生は本ページ末の関連ページ「新入生向け新年度行事について」、在学生は学生ポータルをご確認ください。

なお、教室等での対面による授業を安全に実施できる時期の見極めが非常に困難であることから、5月1日から開始する本学の授業は、当面すべてオンライン形式で行うこととします。
学事暦の詳細、オンライン授業の受講方法等の詳細については、今後学生ポータル、大学ウェブサイト等でお知らせしますので、本学から発信する情報を確実に取得くださいますようお願い申し上げます。

 


↑クリックしてブログを応援しよう!!

あなたの持つ雑学を公開してみませんか?
雑学投稿フォームへGo!!

記事を気に入ったら
フォローしてあなたの意見を発信しよう!!
最新情報をお届けします。
社会の雑学
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース