いじめで中1女子が『2度』自殺未遂、学校の対策は充分だったのか・・・








いじめで中1女子が『2度』自殺未遂、学校の対策は充分だったのか・・・

大分市の市立中学1年の女子生徒がいじめを受けて自殺を図っていたことが分かりました。

女子生徒は2度自殺未遂をしており、入院しているそうです。

私の教育委員会は、いじめ防止対策推進法の「重大事態」に当たると認定し、対策協議会を設置して学校の対応に問題がなかったか調査しています。

教育委員会によると、女子生徒は小学6年の頃からいじめを受けたそうで、保護者が小学校に対応を求めたそうです。

しかし学校側は、「児童同士のけんか」と判断し、防止策を取りま戦でした。

中学に進学後もいじめを受け、保護者が学校に被害を訴えていたが、学校を休みがちになったという

11月に自殺を図り、12月にも同様に自殺未遂をしたという。

自殺未遂を受けて、女子生徒の通う中学は11月20日、小中学校や弁護士などでつくる協議会を設置し、学校の対応が十分だったかなどを調査しているそうです。

市の教育委員会の野田秀一学校教育課長は、
学校の対策が不十分だったのは否めない。女子生徒の周囲で何が起きていたのかを協議会できちんと確認したい
と話しています。
参照元:毎日新聞

うーん、

学校の対策が充分だったのかが気になる一方で、
小学、中学に渡りいじめが継続していることも気になりますね。

同じ人達が実施していることなのか、
被害者の女子生徒にも何かしら理由があったのか、

しっかり調べて欲しいと思います。