【もうカフェで困らない】知っておきたいコーヒーの種類一覧

暮らしの雑学
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

【もうカフェで困らない】知っておきたいコーヒーの種類一覧

カフェや飲食店に行くとコーヒーを頼む方も多いのではないでしょうか。
私もよくコーヒーを頼みます。

しかしメニューを読んでみると、
『エスプレッソ』『カフェラテ』『カフェオレ』etc…
など、違いがわからない名称ばかり・・・

もちろん知っている人もたくさんいると思いますが、
私のように違いを知らなかった人のために、大まかな分類をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【大分類】レギュラーコーヒーとインスタントコーヒー

コーヒーは大きく分けると『レギュラーコーヒー』と『インスタントコーヒー』に分類されます。

レギュラーコーヒー飲む直前にコーヒー豆から抽出して飲むコーヒーです。専用の器具が必要になることが多いのが特徴です。細かな分類は後述します。

インスタントコーヒー工業的に作られたインスタントコーヒー粉をお湯などに混ぜて飲むコーヒーです。粉を混ぜるだけなので、専用の器具が一切必要ないため、多くの家庭で利用されています。

【中分類】ドリップコーヒーとエスプレッソコーヒー

レギュラーコーヒーをさらに細かく分類すると、『ドリップコーヒー』と『エスプレッソコーヒー』に分類することができます。

ドリップコーヒーは、ドリッパーと呼ばれるフィルタにコーヒー粉をセットして、上からお湯を注ぐことで抽出されるコーヒーです。

エスプレッソコーヒーは、コーヒー粉に圧力をかけて短時間でコーヒーの成分抽出させたものです。『ドリップコーヒー』と比べるとかなり濃い味となっています。

レギュラーコーヒーで使用されるコーヒー粉はインスタントコーヒー粉とは異なります。コーヒー豆を砕いて出来上がったものをコーヒー粉と読んでいます。
レギュラーコーヒーを飲みたい場合は、コーヒー豆を自分で砕いてコーヒー粉を作るか、元から粉状になったものを購入してくるかのどちらかになります。

【小分類】アレンジコーヒーたち

カフェオレ=ドリップ+ミルク

『カフェオレ』はドリップコーヒーにミルクを加えた飲み物です。
一般的に、コーヒーとミルクの割合は1:1が良いと言われています。

後述するカフェラテと比べると比較的甘い味となっています。

カフェモカ=エスプレッソ+ミルク+チョコレート+ホイップクリーム

『カフェモカ』はエスプレッソにミルク、チョコレート、ホイップクリームを加えた飲み物です。チョコレートとミルクの代わりにココアを使うこともあるそうです。

甘めの味となっているほか、チョコレートシロップを加えたことによりカカオの風味が際立っていることが特徴です。

カフェラテ=エスプレッソ+スチームミルク

『カフェラテ』はエスプレッソにスチームミルクを加えた飲み物です。
スチームミルクを簡単に言うと泡立っていないホットミルクです。
コーヒーとミルクの割合は1:4が良いと言われています。

『カフェラテ』のベースとなっているのがエスプレッソであるため、前述の『カフェオレ』と比べると少し苦めの味となっているのが特徴です。

カプチーノ=エスプレッソ+スチームミルク+フォームミルク

『カプチーノ』はエスプレッソにスチームミルクとフォームミルクを加えた飲み物です
フォームミルクを簡単に言うと泡立ったミルクのことです。

一般的に、コーヒーとスチームミルクとフォームミルクの割合は1:1:1とされています。

【コーヒーの始め方】コーヒーメーカーの選び方と人気のおすすめ製品
【初心者必見】コーヒーメーカーの選び方と人気のおすすめ製品コーヒーメーカーを選ぶなら何を飲みたいのかを決めるコーヒーには『ドロップコーヒー』や『エスプレッソコーヒー』などがあります。まずは以下 → [もっと読む]

カフェで頼むならどれがおすすめ?

味の好みは人それぞれです。
甘い方が好きという人もいれば、苦い方が好きという人もいます。

そのため今回は甘さと苦さの強さを順番に表してみることにします。
甘さの度合いはおおよそ以下のようになっています。

カフェモカ>カプチーノ>カフェオレ>カフェラテ

カプチーノのベースはエスプレッソですが、スチームミルクとフォームミルクを入れているため甘くなっています。


↑クリックしてブログを応援しよう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
暮らしの雑学
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース