クレジットカードは3枚が最適【ステータス性も還元率も妥協しない】

暮らしの雑学
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

クレジットカードは3枚が最適【ステータス性も還元率も妥協しない】

社会人だけでなく学生も使用していることが多いクレジットカード。

いざ使おうと思うと、

・還元率を選ぶかステータスを選ぶか
・年会費が無料と有料どちらを選ぶか
・何枚持つのが良いのか
・ポイントを使いこなせるか


結局何が一番適しているのか

といった悩みが出てきてしまうものです。

今回は、私が使っている3枚のクレジットカードの使い分け方をご紹介します。
皆さんのクレジットカード選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

私が使用しているクレジットカード

三井住友VISAカード

 特徴

  • ステータス性が高い
  • コンビニ利用で驚異の還元率2.5%
  • 年会費が実質永年無料
  • 電子マネー搭載でコンビニなどでも気軽に使用可能
  • 国際ブランドがVISAなので対応店舗が多い

三井住友カードはステータス性の高いカードとして有名です。

ステータス性の高いカードは低還元率になりがちなのですが、三井住友カードは違います。
確かに基本還元率は0.5%と低めなのですが、コンビニ利用で5倍となるため、2.5%という驚異的な還元率になります。

電子マネーIDを搭載しているため、コンビニ支払いも全く困りません。

ステータス性があるので外で出しても恥ずかしくない
さらに高還元率のカードであるこのカードは持っていてメリットだらけですね。

楽天カード

 特徴

  • どの店舗で使用しても還元率1%
  • 年会費が永年無料
  • 使えるところが多い電子マネーEdy
  • 楽天市場で還元率アップ
  • 1ポイント1円で利用代金の支払いに充てられる

楽天カード株式会社が発行する『楽天カード』は、楽天カードマンのCMでおなじみですね。

現在最も人気のクレジットカードと言っても良いかもしれません。


楽天市場をよく使う方にとっては必須のカードです。

楽天市場内でのポイント還元率は通常4%
セールになると最大ポイント10倍

また、楽天市場以外どこで使っても還元率1%は付くということで全体的に高還元率が期待できるカードです。


1ランク上の『楽天ゴールドカード』を利用すると楽天市場での還元率が+2%となります。

楽天市場で年間12万円以上の買い物をする場合は1ランク上の『楽天ゴールドカード』の方がお得となります。

JCBプラチナカード

 特徴

  • 日本が誇る国際ブランドJCB
  • 高ステータスカードなのでどこで出しても恥ずかしくない
  • プラチナカードの中では年会費が安い
  • 他カードよりも優れたコンシェルジュサービス
  • レストランでの割引サービスが非常に豊富
  • ステータスカードなのに高還元率
  • 電子マネー搭載でコンビニなどでも気軽に使用可能

JCBプラチナカードは私が最も気に入っているカードです。

「せっかくならステータス性の高いカードを持ちたい」
「だけど年会費は抑えたい」
「ちょっと美味しいお店に行きたい」
という人には非常におすすめのカードです。

私が特に推したい特徴は、
レストランでの割引サービスが非常に豊富
という点です。


JCBプラチナカードには、
・JCBゴールドグルメ優待サービス (ゴールドカード以上)
・ダイニング30 (ゴールドザプレミアカード以上)
・グルメベネフィット (プラチナカード以上)
の3つのレストラン優待特典があります。

JCBカードのランク
・JCB一般カード
・JCBゴールドカード
・JCBゴールドザプレミア
・JCBプラチナカード
・JCBザクラス


<JCBゴールドグルメ優待サービス>

『JCBゴールドグルメ優待サービス』の対象店舗で利用合計金額あるいはコース代金が20%割引になるサービスです。


<ダイニング30>

『ダイニング30』の対象店舗で利用合計金額あるいはコース代金が30%割引になるサービスです。


<グルメベネフィット>

『グルメベネフィット』対象店舗を2名以上で利用すると、1名分の料金が無料(2名利用だと実質50%割引)となるサービスです。

おすすめの使い分け

クレジットカードの使い分け方は様々ありますが、私は自分自身の支払い内容に着目しました。

私の場合は、
・プライベートの支払い:三井住友カード
・家族関係の支払い:JCBプラチナカード
・固定費の支払い:楽天カード
の3つに分類しています。

プライベートの支払い:三井住友カード

プライベートではステータス性と還元率の両方を併せ持った『三井住友カード』を使用しています。

国際ブランドもVISAなので、利用できない店舗はまずありません。
電子マネーもIDを搭載しており、どちらも利用できない店舗なんてほとんどないでしょう。

プライベートの場合、コンビニなどで使用する機会が最も多いと思います。
『ステータス性が高い』『電子マネーIDを搭載』『コンビニでの還元率2.5%』という特徴を持つ三井住友カードは最適なプライベートカードだとは私は思っています。

家族関係の支払い:JCBプラチナカード

家族関係(プライベートを除く全ての支払い)では『JCBプラチナカード』を使用しています。

『JCBプラチナカード』は家族カード、ETCカード共に年会費無料で持てるため、妻夫両方が同じカードを持ち、支払い口座を共有することで家族関係の支払いをまとめて管理することができます。

また、レストラン優待特典が豊富なのも気に入っています。

年に数回くらいはちょっと贅沢な食事に行くことがあります。
『JCBプラチナカード』はプラチナカードの中でも年会費が非常に安いので、年に1,2回特典を利用すれば元を取れちゃいます。

高ステータスカードなので食事や旅行の決済で使用して恥ずかしくないカードです。
さらにコンシェルジュサービスで食事や旅行の相談や手配もできるので非常に便利です。

固定費の支払い:楽天カード

家賃、光熱費など月々支払う固定費には『楽天カード』を使用しています。

固定費は日々の中でも最も金額の高い支払いだと思います。
還元率1%なので多くのポイントを得ることができます。

さらに月々の支払い代金から1ポイント1円で割り引くことができるため、非常にお得です。

私の場合は、楽天証券で月々1万円の投信積立をしています。
楽天証券の場合、楽天のポイントを積立金の割引に使えます。

月に15万円の固定を支払うと1,500ポイント取得できます。
これにより、月々1万円の積立のうち1500円分をポイントで支払うことができるのです。
年単位だと1万8千円の節約です。もちろん投信積立なので利回りにより数年後には驚きの額まで上昇することもあります。

以上が私のクレジットカードのおすすめ使い分け方法でした。
クレジットカードの使い分けにお困りの方の参考になれば幸いです。


↑クリックしてブログを応援しよう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
暮らしの雑学
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース