【男性編】これで安心、ドレスコードの種類を画像で紹介

暮らしの雑学
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

【男性編】これで安心、ドレスコードの種類を画像で紹介

「ドレスコード」という言葉、皆さんも聞いたことはあると思います。
高級レストランや披露宴などで多く見られる服装規定のことです。

私も社会人となり、友人の結婚式に行く機会も増えました。
また、高級レストランへ行く機会も稀にあります。

稀ですけどね(笑)

さて、そのような場に行くにあたり、困るのはやはり服装です。
高級レストランだとドレスコードがあることも珍しくありません。
社会人なりたての私にとっては何を着れば良いのかさっぱりです…。

そこで今回は私なりに調べたことをまとめることで、私と同じようにドレスコードに不慣れな人の助けになれたらと思います。

今回は男性編です。

スポンサーリンク

ドレスコードの種類

ドレスコードは大きく分けて7種類あります。
詳細は以下の通りです。

  1. フォーマル(正装)
  2. セミフォーマル
  3. インフォーマル
  4. スマートエレガンス
  5. カジュアルエレガンス
  6. ビジネスアタイア
  7. スマートカジュアル

上に行くほどきっちりとした服装になっていきます。




それぞれどんな服を着ていけば良いの?

さて本題です。

紹介したドレスコードの種類に対して、どのような服を着ていけば良いのかご紹介します。

フォーマル(正装)

おそらく最も格式高い服装です。

着る機会なんてほとんどない服装だと思います(笑)

  • モーニングコート

  • テールコート(燕尾服)

テールコート(燕尾服)は襟がツバメの翼のような形をしているのが特徴です。

執事みたいな服装ですね(笑)

セミフォーマル(準正装)

フォーマルの次に格式高い服装で、結婚式や披露宴に呼ばれた際に着ていく服装です。

主賓クラスとして招待された場合にはセミフォーマルで出席するのが良いと思われます。

  • ディレクターズスーツ

これは分かりやすいかもしれませんね。

ディレクターズスーツは、ブラックのジャケットと、ブラックとグレーのストライプ(コールパンツ)の組み合わせのスーツのことを言います。

  • タキシード

テールコート(燕尾服)に似ていますが、より一般的なスーツに近い形状の服装です。

一般的なスーツと異なり、蝶ネクタイであることも特徴ですね。

インフォーマル(略礼装)

格式ばらない結婚式、披露宴などに招待された場合の主流となる服装です。

  • ブラックスーツ

ブラックスーツはセミフォーマル(準正装)としても扱われますが、他のセミフォーマル(準正装)と比べるとやや格下扱いとなるようです。

ただ、ブラックスーツは時間帯を問わず着用できるため、便利な服装です。

ブラックスーツは、ブラックスーツ(礼服)とブラックスーツ(喪服)で少し異なるため混乱することが多いかと思います。

ブラックスーツ(礼服)は冠婚葬祭で着ていく服装です。黒色で無地のスーツのことを呼びます。私的には見た目はリクルートスーツとほぼ同じだと思います。

ブラックスーツ(喪服)は葬式や法事で着ていく服装です。ブラックスーツ(礼服)よりも暗い、漆黒色のスーツのことを呼びます。

  • ダークスーツ

ダークスーツは、濃紺やダークグレーなどのダークカラーのスーツの総称です。

ビジネス用にも使用できる便利な服装です。パーティで「平服でお越しください」と書かれていればダークスーツを着て行って良いと思います。

結婚式などに着て行っても良いと言われたりしていますが、ブラックスーツ(礼服)を着ていく方が無難だと思います。

また、ダークスーツは、後述するカジュアルエレガンスやスマートカジュアルにも該当する服装であるため、ダークカラーの中でも高級感のある服装を選択することが好ましいでしょう。





スマートエレガンス、カジュアルエレガンス

2つをまとめたのには理由があります。
この2つは少し特殊と言うか曖昧なんです。

インフォーマル(略礼装)でダークスーツと書きましたが、このスマートエレガンスとカジュアルエレガンスもダークスーツが当てはまるんです。

元々ドレスコードはインフォーマル(略礼装)までしかなかったものを更に細かく分けたようなイメージだそうです。

スマートエレガンスは、ジーンズなどを避けたドレスコードのことを呼ぶようです。その中でも比較的ダークカラーの服装を選択すれば問題ないでしょう。

カジュアルエレガンスは、スマートエレガンスを少しカジュアルにした服装のことです。ただ、男性の場合はそこまで差はないと思われます。

ビジネスアタイア

ここまでは少し高級感のある服装を選びましょうという感じでしたが、このビジネスアタイアはもはや仕事に着ていくスーツ全般が当てはまる服装だと言えます。

自宅にあるどのスーツを着て行ってもこのドレスコードには適していると思われます。

スマートカジュアル

最後はスマートカジュアルです。

これは最もカジュアルな服装だと考えてもらって問題ありません。

「襟付きジャケットを着ること」「ジーンズを履かないこと」を意識すれば基本的に何を着ても問題ありません。

一応画像を載せておくので参考にしてください。

さて、いかがだったでしょうか?

おそらくドレスコードを調べている人は何がどの分類になるのかモヤモヤしていることだと思います。

本記事が少しでも皆さんの参考になれていたら嬉しいです。

「どうしてもドレスコードがわからない」
「本当に合っているのか不安」
という方はお近くのスーツ店に行ってみてください。

「セミフォーマルの服を教えてください」
「ドレスコードの違いを教えてください」
とお願いすれば、実物を複数持ち寄って詳しく教えてくれるので確実です。

私もたくさんの記事を調べましたが結局不安で、店員さんに聞いて探しました(笑)


↑クリックしてブログを応援しよう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
暮らしの雑学
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース