【英語の始め方】飽きっぽい私が語る、通勤時におすすめの勉強法

〇〇の始め方
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

【英語の始め方】飽きっぽい私が語る、通勤時におすすめの勉強法

「英語を勉強しておけば良かった」

社会人になってから英語の重要さを再確認された方もいるのではないでしょうか。

しかし社会人になると、なかなか時間を確保しづらいですよね。
社会人にとって通勤時間は最高の自由時間です。

そこで今回は通勤時におすすめの勉強方法をご紹介します。

スポンサーリンク

通勤時には向かない勉強内容

通勤時、英語を何でもかんでもやって良いわけではありません。

通勤時に向いている内容、向いていない内容があります。

英単語は眠くなる

『英単語』は英語学習の定番ですよね。

電車内で必死に勉強している学生を見ることも多いでしょう。

しかし私は「英単語は通勤時には向かない」と考えています。

電車内は揺れが多く、英単語の勉強はじっと単語を見るだけの短調作業です。
そのため、眠気を誘ってしまうわけです。

視覚のみを使用する英単語の勉強は眠気を誘う要因となるためおすすめできません。

英文法は集中できる環境でやろう

『英文法』も英単語と同様におすすめできません。

むしろ活字を読むことが多くなるため、より眠気を誘ってしまいます。

英文法は「しっかりと理解すること」が重要であるため、自宅などの集中できる場所で勉強しましょう。

聞き流しリスニングは効果がない

『聞き流しリスニング』はリスニングの勉強として広く有名です。

通勤時でも聞き流すことができるので多くの人が実施しているかもしれません。
とりあえず英語を浴び続けていればリスニングが上達すると思ってしまいますよね。

しかし、聞き流しリスニングは中級・上級者の人には意味はありますが、初心者にはあまり効果がないと言われています。

  • 英語のリズムが身に付いている
  • 英語回路になっており英語を頭から理解できる

以上ができていない人には、聞き流しリスニングはおすすめしません。

通勤時にはディクテーションが最適

『英単語』『文法』『聞き流しリスニング』が通勤時におすすめできないとなると、一体何をおすすめなのかって感じですよね。

私は『ディクテーション』を強くおすすめします。

ディクテーションというのは「聞き取った音声を、そのまま書き取る」英語学習方法のことです。

英語のリスニング力アップに効果のある勉強法だと言われており、多くの英語学習者や教育者に支持されています。

「見る」「聴く」「考える」が重要

通勤時に英単語をおすすめしない理由として「視覚だけだと眠くなってしまう」という理由を挙げました。

短調な作業は眠気を誘う大きな要因です。

『ディクテーション』の場合、「英語を聴き」「何が聞こえたのか考え」「選択肢から選ぶ」という3ステップが必要となります。

ディクテーションはリスニング力を高める極めて効率の良い方法です。

 


↑クリックしてブログを応援しよう!!

あなたの持つ雑学を公開してみませんか?
雑学投稿フォームへGo!!

記事を気に入ったら
フォローしてあなたの意見を発信しよう!!
最新情報をお届けします。
〇〇の始め方
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース