いきなりステーキ運営の一瀬邦夫社長、ネットの声を気にも留めず動画を上げまくる・・・その動画がこちら

社会の雑学
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

いきなりステーキ運営の一瀬邦夫社長、ネットの声を気にも留めず動画を上げまくる・・・その動画がこちら

スポンサーリンク

社長・一瀬邦夫さんの経歴

『いきなり!ステーキ』を運営している『株式会社ペッパーフードサービス』の社長である一瀬邦夫さん。一体どんな人なのでしょうか

氏名一瀬邦夫(いちのせ くにお)
生年月日1942年10月2日
職業実業家、料理人
出身地静岡県静岡市

静岡市に生まれる。母と2人暮らしでした。高校を卒業後、赤坂の旧山王ホテルにてコックの修行を開始。

高校卒業後、コックを目指して浅草の洋食屋「キッチン ナポリ」に就職。
上野のレストラン「聚楽台」「山王ホテル」とキャリアを積みました。

1970年に独立。
28歳にして、東京向島に座席数12席の小さなレストラン「キッチンくに」をオープンしました。

その後1985年に有限会社くに(現株式会社ペッパーフードサービス)設立、代表取締役に就任しました。1995年に株式会社に組織変更しました。

元料理人の現経営者というわけですね
山王ホテルで料理人をしていたとは中々凄い経歴をお持ちのようで

いきなり!ステーキ

株式会社ペッパーフードサービスが運営しているステーキハウスチェーン。

予約不要の立ち食いスタイル(店舗によっては座れる)を特徴としており、主に低価格のステーキを提供しています。

予約不要の立ち食いスタイルが特徴だったんですか?!
私が行ったところは席に座る店舗しかなかったので知りませんでした(笑)

ちなみに勘違いされている方も多いようですが、『いきなり!ステーキ』の現社長は一瀬邦夫さんではなく、息子の一瀬健作さんだそうです。

『いきなり!ステーキ』は2013年に銀座に1号店を開店して以来、急速なチェーン展開で店舗数を増殖し、創業から約5年で47都道府県全てに出店する快挙を達成しました。

しかし現在は・・・

現在の『いきなり!ステーキ』は経営不振?!


「安く食べられるステーキ店」
「気軽に行けるステーキ店」

として急成長を遂げた『いきなり!ステーキ』ですが、近年は経営不振に陥っているようです。

2020年2月16日の週刊文春の取材により、月100時間を超える外国人の不法就労をしていたことが発覚したり、
2020年2月26日の決算説明会にて、不採算店を整理するため、同年中に計74店を閉店することを発表しました。

原因としてネットでは、

そんなに安くない
肉が美味しくない

といった意見が上がっています。

私はそんなにまずいお肉とは思わないのですが・・
大層なお肉を食べてこなかったからですかね(笑)

さて、そんなネットの声の中には、

元社長が無能

という声もあるようです。

元社長・一瀬邦夫さんのお店PR動画が話題に

ペッパーフードサービス社長&いきなり!ステーキ元社長の一瀬邦夫さんの行動がネットで話題となっています。

一瀬さんはお店のPR動画を多数投稿し批判を浴びています。
その内容がこちら。














↑クリックしてブログを応援しよう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
社会の雑学
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース