どこまで知ってる?ニュースで用いられる隠語








どこまで知ってる?ニュースで用いられる隠語

ニュースでは、ショッキングな事件や事故などを伝える際に、極力精神的ダメージを与えないようにと配慮した『隠語』が使われています。また、放送上で不適切な用語などにも隠語が使用されています。

今回は、そんな『隠語』などをいくつか紹介していきます。

  • 重傷
    大きな怪我はあるが、生命維持に関する器官の損傷が殆どなく意識がある状態。
    全治1ヶ月以上を重傷、1ヶ月未満を軽傷と呼ばれる。
  • 重体
    生命維持に関する器官に大きな損傷がある状態。
  • 心不全で亡くなりました
    あまり知られたくない原因で亡くなった場合に使われる時がある。
  • 無事保護されました
    怪我や病気もなく、見つかったことを指す。
  • 保護されました
    怪我や病気など、何かしらあった状態で見つかったことを指す。
  • 死亡
    事故や事件で亡くなった場合。
  • 死去
    老衰や病死など、自然の摂理で亡くなった場合。
  • 死体と遺体
    死体は身元不明、遺体は身元がわかる人
  • わいせつな行為
    性○なし
  • みだらな行為
    性○あり
  • いかがわしい行為
    わいせつの一歩手前の行為
  • 全身を強く打って
    肉体の原型を留めていないほど、ひどい状態。

本記事内にない『隠語』を知っている方は、facebook記事にコメントください!!