世界一のキャッシュレス国はケニア?!きっかけはたった一人の大学生だった!!

暮らしの雑学
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

世界一のキャッシュレス国はケニア?!きっかけはたった一人の大学生だった!!

近年、日本では急速にキャッシュレス化が進んでいます。

さて、そんな日本は世界的に見てキャッシュレス度がどのくらいかご存知ですか?

JCAキャッシュレス指数2019によると日本は28カ国中27位…。

そして1位はなんとケニアなんです!!

スポンサーリンク

ケニアで大普及したキャッシュレスサービス『M-PESA』とは

M-PESAは2007年に開始した、電話回線を使用した送金・決済サービスです。

この「電話回線を使用した」ということがケニアで大普及した理由でした。

ケニアは草原が広がっているため、wi-fiではなく電話回線が重要だったようです。

ケニアはキャッシュレス化へのニーズが大きかった

私たち日本人は、遠方の家族へお金を送金したい時にどうしますか?

おそらく銀行口座で振り込みをすることでしょう。

しかし、ケニアでは、貧富の差が激しく銀行サービスが普及していなかったため、人口の7割が銀行口座を持っていない状態でした。

そのため、出稼ぎ労働者が家族へ送金したい時には、帰って直接渡すしかありませんでした。

M-PESAを開発したのは1人の大学生?!

このような送金の不便さがあるケニアでしたが、ある大学生がお金の送金、受け取り、引き出しを可能にするソフトウェアを開発したのです。

ケニアの通信会社Safaricomは学生とコンタクトをとり、開発した送金・決済サービスを買収し、2007年に個人間送金・決済サービスM-PESAをリリースするに至りました。

M-PESAは、電話番号と国民IDがあれば誰でも登録できる上に、手数料も少額であるため、貧困層を中心に普及しました。

その後、富裕層にも広まり、ケニアのキャッシュレス化の始まりを起こしたのです。

ちなみに日本のキャッシュレス決済サービスとして有名なLINE Payですが、実はそのモデルはM-PESAだったそうですよ!


↑クリックしてブログを応援しよう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
暮らしの雑学
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース