胃薬を飲んだ赤ちゃん、全身毛むくじゃらに……。その理由は??











胃薬を飲んだ赤ちゃん、全身毛むくじゃらに……。その理由は??

『狼男症候群』という疾患をご存知でしょうか。

『狼男症候群』とは、全身に著しい濃い体毛が生える疾患のことです。

スペインのコスタ・デル・ソルで、16人の乳児にこの疾患に似た症状が現れたそうです。
16人はいずれも、胃酸の逆流や消化不良の治療に使われるオメプラゾールを服用したことがわかっており、このオメプラゾールの中に発毛効果のあるミノキシジルが混入していたそうです

スペインの医薬品・医療品庁は、オメプラゾールの製造元である製薬会社Farma-Quimica Surの製品の販売を差し止めました。
同社はインドの卸業者と取引しており、汚染源はこのインドの業者だという。現在、Farma-Quimica Surはライセンスを停止され、医薬品の製造、輸入、販売ができない状態だそうです。

被害に遭った赤ちゃんについてですが、
オメプラゾールの服用を中止すると、症状が落ち着いたそうです。

よかったです…。

以上、
『発毛剤入り胃薬を飲んだ赤ちゃんについて』
でした。

参照元:女性自身