【警察失態】パトカーが男児をはねる。男児は病院に搬送されたが……











【警察失態】パトカーが男児をはねる。男児は病院に搬送されたが……

2019年8月18日の午前、東京都・千代田区で、横断歩道を渡っていた4歳の男児が、緊急走行中の警視庁のパトカーに撥ねられる事故がありました。

男児は青信号の横断歩道を渡っていたそうです。

男児を撥ねたのは、警視庁・新宿署の巡査部長が運転していたパトカーだったとのこと。

パトカーは当時、薬物事件の捜査で容疑者の尿を緊急鑑定するために警視庁本部に向かっている途中だったようです。

サイレンを鳴らして赤灯をつけていたようで、事故現場の交差点を赤信号で直進したそうです。

パトカーに撥ねられた4歳の男児は、病院に緊急搬送されたが、意識不明の重体だそうです……

4歳の男の子…。無事に目を覚ましますように……。

以上、『緊急走行中のパトカーの事故について』でした。