人はここまで変わるのか……さいたま小4男児殺害の犯人の意外な子供時代が明らかに!











人はここまで変わるのか……さいたま小4男児殺害の犯人の意外な子供時代が明らかに!

事件の概要

埼玉県さいたま市で小学4年生の進藤遼佑君(9)が殺害されました。

死体遺棄容疑で逮捕されたのは、義父の無職・進藤悠介容疑者(32)でした。

進藤容疑者は、もともと広島県内の福祉施設で働いていました。

遼佑君の母親(42)とはSNSで知り合い、今年3月に結婚し、遼佑君の義父となったばかりだったようです。

進藤容疑者は逮捕当初、
延長コードで首を締めた
失くした帽子を探すように注意したら、『本当の親じゃないのに』と言われ腹が立った
と供述していました。

しかし、さいたま地検の取り調べに対して、
誰がやったかわかりません
犯人に心当たりはありません
と一転して容疑を否認しているとのこと。

犯罪心理に詳しい新潟青陵大学の碓井真史教授は、進藤容疑者について、
忘れ物癖などを注意するなど、親であろうとしていたのかもしれない
そこに『本当の親じゃない』という言葉を受けた
人は、善意の行動に対して強い言葉を受けると想像以上に傷ついてしまう
無職ということに引け目もあったのだろう
と分析しました。

子供時代の進藤容疑者

そんな進藤容疑者だが、
高校時代の卒業アルバムには、今回の犯行とは程遠い言葉が残されていました。

これからも人に優しくできる自分でいられますように

いったいなぜこのような結果となってしまったのか……。