『ある物』を食べて少年が失明?!私達が日常的に食べている『ある物』とは……











『ある物』を食べて少年が失明?!私達が日常的に食べている『ある物』とは……

失明の原因はジャンクフード?!

フライドポテトやポテトチップス、パンといった主にジャンクフードのみを食べて生活していたイギリス在住の少年が目の異変を訴え、結果的に失明したそうです。

私もジャンクフードは食べているけど、どれだけ食べすぎれば失明の危険が出てくるのか…

医師によると、少年は好き嫌いが激しい『偏食化』だったそうで、倦怠感を訴えて受診したのが最初だった。

外見的に異常は見受けられなかったが、検査した結果、貧血とビタミンB12の血中濃度が不足していることが判明。

ただし、この時はそこまで深刻な状態ではなかったため、ビタミンB12の注射剤を投与され、食事に関する指導を受けて自宅に帰された

症状は深刻化し、17歳で盲目…

それから約1年後、15歳になった少年が今度は視覚と聴覚の異常を訴えて再び受診。

しかし、MRI検査を行なっても、耳と目どちらも構造的な問題を見つけることはできなかったそうです。

その後も視界がかすむといった目の症状は悪化の一途をたどり、少年が17歳になった時に「盲目」と診断されました。




結局なにが原因なのか

最終的に栄養失調による視神経障害との診断を下された少年は、身長や体重、BMI(肥満指数)はすべて10代の平均値だったが、体内にあるビタミンB12、銅、セレン、ビタミンDといった栄養素が欠乏しており、骨密度も低かったという。

さらに医師が詳しい聞き取り調査をしたところ、少年は小学生の頃からフライドポテト、プリングルズ(ポテトチップス)、白パン、スライスハムやソーセージといった加工食品ばかり食べて生活しており、野菜やフルーツは“口にしたことがない”ことが判明した。

ちなみに、栄養失調による視神経障害は早期発見できれば視力が回復する可能性もあるが、この少年の場合、発見が遅れてしまったため、食生活や生活習慣を改善しても、さらなる視力の低下を食い止めることしかできなかったという。
引用元:FRONTROW