「印鑑の種類と用途」「記名と署名の違い」「捺印と押印の違い」はご存知ですか?

暮らしの雑学
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

「印鑑の種類と用途」「記名と署名の違い」「捺印と押印の違い」はご存知ですか?

スポンサーリンク

印鑑の種類と使用用途

シャチハタ

シャチハタは実は印鑑の名前ではありません。
シャチハタ株式会社が製作し、その会社名が浸透した結果、「シャチハタ」と呼ばれるようになりました。

さらに言うと、「シャチハタ≠印鑑」とされる場合が多いです。
シャチハタはインク浸透印を指します。
シャチハタと印鑑の違いは以下の通りとなっています。

  • 印鑑は朱肉、シャチハタはインク
  • 印鑑は材料を掘って作成、シャチハタはゴム材をレーザー加工して大量生産

シャチハタの場合、レーザー加工による大量生産であるため、印の形に違いが生じにくくなります。

印鑑であれば、掘り方によって個性が出るため、証明印として有用となります。
参照元:実印.NET

認印

認印とは、届け出をしていない個人の印鑑のことです。

「届け出ってなに?」と思うかもしれませんが、簡単に言うと実印と銀行印以外の印鑑を指します。実印と銀行印は後述しますが、役所や銀行に届け出して登録した印鑑ことです。

印鑑として認められていないシャチハタは認印として使用しないのが一般的です。
参照元:https://namae.kaiunya.jp/

実印

実印とは住民登録をしている市区町村の役所に登録申請して受理された印鑑のことをいいます。100円で買ったものでも登録してしまえば、それが実印となります。

実印は最も重要な印鑑です。
法律上・社会上の権利・義務の発生を伴います。

実印は唯一性を守るため銀行印、認印など他の印鑑との併用を避けましょう。

認印のように家族共同で使うことのないようにし、捺印する場合も書類の内容をよく読んで慎重に扱うことが大切です。
参照元:はんこ豆事典

銀行印

銀行印は、銀行や信用金庫などの金融機関に届け出している印鑑のことを指します。

お金を下ろす人が預金者本人かを確認するために使用されます。

ATMでは確かに使用しませんが、ATMの上限を超えた引き落としをする際には、窓口に銀行印を持っていく必要があります。
参照元:印鑑うんちく辞典

記名と署名の違い

ビジネスシーンでは多くの書類を扱うことがあると思います。

そんな中、記名や署名を求められることがあると思いますが、
「記名」と「署名」の違いをご存知ですか?

記名とは、
「自署(自分で書き記す)以外の方法で氏名を記すこと」
「他人が代わって氏名を記すこと」
となっています。
名前を残していれば良いので、印鑑を使用したり、他人が代わりに書いてくれても良いわけですね。

署名とは、
「自分で自分の氏名を書類などに書き記すこと」
です。

「記名」と「署名」の違いは、自署か自署でないかということです。
そのため、法的効力に差が生じます。

本人の筆跡が残る「署名」の方が、「記名」よりも効力が上になります。
参照元:マイナビニュース

捺印と押印の違い

「捺印」も「押印」も印を押すという同じ行為を示します。

捺印とは、
「署名捺印」が略された名称です。
つまり、上記で説明した署名の際に印を押すことを示します。

押印とは、
「記名押印」が略された名称です。
つまり、上記で説明した記名の際に印を押すことを示します。
参照元:マイナビニュース

「署名と記名」「捺印と押印」による法的証拠能力

法的証拠能力の強さは以下のようになっています。

  1. 署名+印鑑(捺印)
    (自分で)名前を記載した上で、印鑑を押すこと
  2. 署名
    (自分で)名前を記載すること
  3. 記名+印鑑(押印)
    (他人が)名前を記入あるいはゴム印をした上で、印鑑を押すこと
  4. 記名
    (他人が)名前を記入あるいはゴム印をすること

参照元:Bizer


↑クリックしてブログを応援しよう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
暮らしの雑学
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース