スーツケースが引き起こした『セルフ監禁事件』、人ごとではありません……自分の身にも起こるかも?











スーツケースが引き起こした『セルフ監禁事件』、人ごとではありません……自分の身にも起こるかも?

この『セルフ監禁事件』に遭ったのは、Twitterユーザーの東 茉那(@mana_h_816)さん。

彼女は一人暮らしの家でトイレに監禁されてしまったのです。

その原因が……スーツケースだったんです。

彼女が部活から帰宅後、トイレの前に少し開いた状態のスーツケースを置いたことが事件のきっかけでした。

そのままトイレに入った彼女ですが、何かの拍子にスーツケースが倒れてしまい、トイレのドアの前で完全に開いてしまったのです。

その結果、トイレのドアがスーツケースと壁に引っかかる形で開かなくなってしまいました。

真夏のこの時期、彼女はどうなったのか……

真夏のこの時期、特にトイレのような密閉空間は熱が籠りやすいです。

彼女の脳裏には熱中症による死、または餓死といった最悪の状況が浮かんだそうです。

しかし、運よくトイレに携帯電話を持ち込んでいたため、不動産会社に連絡を取って、無事に生還出来たそうです。

もし携帯を持っていなかったらと思うと……。

この一件を通して、東さんは以下のような教訓を得たようです。
トイレの前には荷物を置かない
携帯電話を常に持ち歩く
連絡がつかないと思ったら警察を呼んでくれる友人、家族を見つけておく

珍事ではあるものの、私たちに絶対に降りかからない事件ではありません。

皆さんも万が一を考えて気をつけてください。

以上、
『スーツケースが引き起こした監禁事件』
でした。