『逮捕』と『書類送検』の違い

暮らしの雑学
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

『逮捕』と『書類送検』の違い

ニュースを見ていると、逮捕書類送検という言葉をよく目にするのではないでしょうか。

「違うことはなんとなくわかるけど、詳しくはわからない」という人が多いのではないでしょうか。

今回はそんな逮捕と書類送検の違いについてお話しします。

スポンサーリンク

逮捕と書類送検とは

さっそく一番気になるであろう両者の意味についてです。

逮捕とは、
被疑者の身体を物理的、強制的に拘束し留置施設に連行して、そこに留め置くことです。

書類送検は、
逮捕をしなかったり、逮捕はしたが拘束の必要がなくなった場合に、書類や証拠物のみ送検することです。

書類送検を理解するには『送検』を理解する必要がある

あまり聴き慣れないかもしれませんが、

送検には、『身柄送検』と『書類送検』という言葉があります。
書類送検はよくニュースで耳にすると思います。

そもそも送検とは、
警察から検察に事件の手続きが送られることです。

警察は、被疑者を捕まえて取り調べます。
検察は、被疑者が本当に犯人か確かめ、裁判にかけるかどうかを決めます。

裁判にかけることを起訴と言います。
よく「不起訴処分となりました」などという言葉を聞いたことがあると思います。

つまり、
警察から検察に事件の手続きが移動することが『送検』
その際に身柄があるものを『身柄送検』
書類のみであるものを『書類送検』
と呼びます。

『逮捕』と『書類送検』は全く別物ということです。


↑クリックしてブログを応援しよう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
暮らしの雑学
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース