4歳女児、タコ糸で首を……











4歳女児、タコ糸で首を……

インドの首都ニューデリーで、父親とバイクに乗っていた4歳女児に悲劇が起きました。

なんとタコ糸で喉を切断されて死亡したのです。タコ糸はガラスでコーティングされており、首の半分近くまで達していたようです。

実はこれ、タコ揚げが問題のようです。

インドでは伝統的に、毎年8月15日の独立記念日前後には、インドの国旗の色に塗られたタコが揚がり、死傷者の数が急増するそうです。

今回の事故は2019年8月24日、女児と父親が寺院に向かう途中に発生したものだという。

また、地元メディアによると、独立記念日にはエンジニアの男性(28)が市内でバイクを運転中に喉をタコ糸で切られ死亡しているとのこと。
参照元:AFPBB News