教員内で子供じみたイジメが、生徒を教育する立場がこんなしょうもないイジメをしてるのか……








教員内で子供じみたイジメが、生徒を教育する立場がこんなしょうもないイジメをしてるのか……

生徒同士のイジメが問題視されている今日。

あろうことか、生徒を指導する立場であるはずの教員内でのイジメ問題が発覚しました。

東須磨小学校の教員内でイジメ

イジメが発覚したのは、神戸市須磨区の市立東須磨小学校です。

20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に暴行や暴言などのイジメ行為を受けていたようです。イジメをしていた教員は、30〜40代の男性3人、女性1人とのこと。

イジメの内容は以下の通りです。

  • 日常的な罵倒
  • LINEを使って同僚の女性教員に性的なメッセージを送ることを強要
  • 男性教員の車の上に乗る
  • 男性教員の車の中にわざと飲み物をこぼす
  • コピー用紙の芯で尻が腫れるまで叩く
  • 羽交い締めにして、激辛カレーを食べさせたり、目に擦り付ける

内容がほんと子供じみてますね……

生徒を指導し、イジメを注意する立場である教員がこんなことをしていると思うとなんかね……

しかし、
子供のイジメと違い、被害者も大の大人なんですから、自身で問題解決を試みることもできたのではないでしょうか。

今回の件は昨年から継続的にイジメを受けていたそうで、発覚したのは別の教員らによる告発だったそうです。

少しきつい言い方かもしれませんが、自分自身のイジメを解決する行動力・意志がなくて生徒のイジメに対応できるのか疑問に思います。