中国政府によるウイグル人の弾圧、酷すぎる現実を描いた漫画が話題に

社会の雑学
スポンサーリンク


↑クリックしてブログを応援しよう!!

中国政府によるウイグル人の弾圧、酷すぎる現実を描いた漫画が話題に

中国に住んでいる9割は漢民族です。
その他には55種類の少数民族が暮らしているそうです。

ウイグル人はその中の1民族です。
そのウイグル人に対する弾圧が中国で行われています。

どんな行為が行われているのか、なぜ行われているのか。
ウイグル人女性が語る残酷な現実をご紹介します。

スポンサーリンク

中国政府による弾圧行為

人権を無視してやりたい放題

公文書の流出により、中国政府によるウイグル人の弾圧行為が公になりました。

中国西部にある収容施設で、イスラム教徒のウイグル人100万人を組織的に洗脳していたのです。

中国政府はこれまで一貫して、
「収容施設では希望者に教育と訓練を提供している」
と説明していました。

しかし、公文書には収容者の監禁教化懲罰の状況を記録されており、中国政府の説明を覆す内容になっているとのこと。

流出した公文書の中には、施設の責任者宛の連絡文書も含まれていたそうです。
連絡文書では、収容施設を高度に警備された刑務所として運営するよう指示されていました。

「絶対に脱走を許すな」
「違反行動には厳しい規律と懲罰で対応せよ」
「悔い改めと自白を促せ」
「中国標準語への矯正学習を最優先せよ」
「生徒が本当に変わるよう励ませ」
「宿舎と教室に監視カメラを張り巡らせて死角をなくせ」

参照元:https://www.bbc.com/

なぜ弾圧をするのか

この弾圧は、ウイグル人を「中国共産党の一党独裁体制を脅かす危険分子」とみなしていることが原因のようです。

国土をめぐる複雑な歴史問題から、一部のウイグル人が中心となって、中国政府からの分離独立を求める活動をしています。

中国政府はこれらの活動を「テロ行為」とみなして、人権を無視した弾圧行為を続けているということです。
参照元:https://skawa68.com/

『国土をめぐる複雑な歴史問題』については長くなるので別途記事にします。

【弾圧を描いた漫画】ウイグル人女性が語る残酷な現実

 漫画の内容

  1. あるウイグル人女性が結婚して赤ちゃんも産まれて幸せ!
  2. 突然、赤ちゃんと共に拘束される
  3. 赤ちゃんと引き離される
  4. 女性は電気棒などで尋問・拷問を受ける
  5. 赤ちゃんも死亡、首には手術の跡
  6. 実家に帰ってしばらく経ってから再び強制拘束


uyghur


uyghur2


uyghur3


uyghur4


↑クリックしてブログを応援しよう!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
社会の雑学
スポンサーリンク
まんぷくニュースをフォローする
まんぷくニュース